newsclip.asia

日本語総合情報サイト newsclip.be 姉妹サイト 現場ありきの取材で情報収集!



 タイ警察の日本人警察大佐が語る
 バンコク病院医療コーディネーター

 ほとんど写真日記
 過去記事を見返して現在のタイを読み解く

 【note】間違いだらけの解説
 【note】タイ南部国境県テロ取材

 本社への報告書に必須

 ข่าว newsclip เกี่ยวกับญี่ปุ่นในประเทศไทย

更新情報

 南部最大の面積を誇る県。有史以前より人が住み、タイ湾の交易路の要所として栄え、スマトラ島で興ったシュリヴィジャヤ王国の重要拠点(現在のチャイヤー郡)になったと伝えられる。タイでは「南部の人間はがさつで短気」と評されることがあり、特にスラーターニー(スラ

タイ国際航空のエアバスA380(イメージ写真です) 4月11日に羽田空港で起きたタイ航空機の地上異常接近で17日、日本の国土交通省が重大インシデントと認定しました。2018年4月18日タイ航空機、羽田で地上に異常接近 運輸安全委員会が調査 タイの人でも日本人でも、タイト

 言わずと知れたタイの国花、ゴールデンシャワー。ちょうど今時分、ソンクラーン(タイ正月、水掛け祭り)前後の暑い時期に咲きます。タイ語で「ラーチャプルック(王の樹)」、「チャイヤプルック(勝利の樹)」などと呼ばれますが、本来はドーク・クーンという地味な名前

 テロ対策を進めるのは治安部隊だけではない。行政機関も努力を続けている。テロが激化した2004年以降、政府は南部国境県の治安回復・民度向上、経済活性化の政策を相次いで打ち出し、テロが発生しない土壌を築くための努力を続けている。具体的にはインフラ整備、投資

 ラーチャプラソン交差点の集会場の横、ショッピングセンターのセントラルワールドに入居するデパート「ZEN」の入り口に火が付けられた。何人もの若者が手際よく火が付きやすいガラクタを集めている様子を見ていると、赤シャツのリーダーたちは後に否定していたが、誰かの指

 ソンクラン(タイ正月、水掛け祭り)で木曜から月曜まで5連休で、寝正月を決め込んでいたのですが、1日ぐらいは取材に出ないとやばいなと思いつつ、若者に混ざって水掛け祭りも大人気ないので、近所のショッピングセンターでイベントをやっているということで行ってみまし

 陸軍第4軍管区の広報部が取材のたびに力説するのが「段階的テロ対策」。軍は武力を行使するだけではなく、住民の生活を向上させ、平和で豊かな未来を築くことを真の任務とすることだと繰り返し話す。 第1段階は、現在遂行中の「テロ鎮圧」。武力に対して武力をもってテ

 国内第4位の人口を抱える、東北部有数の県。マットミーなど伝統タイシルクの一大生産地で、県内いたるところでシルクが織られている。昔ながらのコブラ飼育は、コブラショーとして観光化に成功した。 1976年にはウラン採掘調査で偶然に恐竜の化石が見つかり、コーンケー

 BTS(スカイトレイン)ラーチャダムリ駅辺りで道路に座り込む。国軍の発砲で穴が開いたらしい貯水槽から、水がザアザアと漏れて周辺が水浸しになっている。国軍が撃ってくるのかこないのか分からず、周辺では銃声が鳴り響いているが、ラーチャダムリ駅辺りはいたって平穏だ

 テロに立ち向かうのは軍や警察だけではない。2004年のテロ激化以降、南部国境県では軍と警察の人員が常に増強され、さまざまな自警団が編成されてきた。これらを統合した治安部隊としての規模はより多くのデロが発生した2012年までに、5万人にまで膨れ上がった。

↑このページのトップヘ

Copyright, NECOS (Thailand) Co., Ltd., Inc. All Rights Reserved. newsclip.asiaに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
สงวนลิขสิทธิ์ตามพระราชบัญญัติลิขสิทธิ์ พ.ศ.2537 (ปี 1994)