newsclip.asia

日本語総合情報サイト newsclip.be 姉妹サイト 現場ありきの取材で情報収集!



 タイ警察の日本人警察大佐が語る
 バンコク病院医療コーディネーター

 ほとんど写真日記
 過去記事を見返して現在のタイを読み解く

 【note】間違いだらけの解説
 【note】タイ南部国境県テロ取材

 本社への報告書に必須

 ข่าว newsclip เกี่ยวกับญี่ปุ่นในประเทศไทย

更新情報

 タイ深南部のマレーシア国境付近を取材中です。仏教徒タイ人よりマレー系ムスリムが圧倒的に多い地域で、顔を全て隠す女性も。写真をいきなり撮ったら怒るだろうなって思いつつカメラを向けてみたら、ヒジャブで隠れているものの多分笑顔が返ってきた。手のひらの模様は宗

 すっかり有名ではありますが、バンコクの近未来な光景、BTSチョンノンシー界隈です。特に夕方から夜にかけて、タイ人も外国人もカメラ片手に、というか三脚持参で本格的に写真撮影で訪れます。人の行き来に合わせて、BTSの通過に合わせてなどなど、さまざまなシチュエーシ

 ほとんど毎日雨が降っていますが、降らないと日差しがきついです。バンコクの中華街で通りがかった歯医者の前。タイ語で「サマイ歯科」。サマイは医者の名前で、意味は「時代」。中国語では大げさに「新發明齒學専科」。

 タイの東北部のラオス寄りに開けた県。ベトナム戦争中は米軍の軍事拠点にもなった。 名所はやはり、1992年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された、バン・チアンの古代遺跡。紀元前3000~2000年のものというのが現在の定説だが、発見当時は「世界最古の青銅器文明

 タイ有数の面積を誇り、ミャンマーとの長い国境線を有する、山に囲まれた大きな県。ミャンマーの攻撃を迎え撃つ要衝とされ、スコータイ王朝のラームカムヘーン、アユタヤ王朝のナレースワンやナーラーイ、トンブリー王朝のタークシンといった歴代の王が、タークに兵を集結

 5月29日付けのnewsclipで、日系ゼネコンによるオフィスビル開発が取り上げられています。2018年5月29日大林組、バンコク都心にオフィスビル 300億円投資完成予想図 画像提供、大林組 タイでは数多くの日系が不動産開発に乗り出しています。その多くがアパートやマンショ

 新しくタイに赴任された方も少しずつタイの生活に慣れてくる頃かと思います。 タイの生活に慣れている方も雨季になり、インフルエンザやデング熱などで体調を崩しやすくなりますので気をつけましょう。 一方、生活環境の変化にストレスを感じ、十分な睡眠がとれずに頭痛

 救急車で最初のホテルまで送ってもらう。爆発が起きて30分も過ぎたころに警察と陸軍の爆発物処理班(EOD)が到着、現場検証を始めた。警察無線からは、「水色のシャツで半ズボンの男を追跡中」といったやり取りが聞こえてきた。…… 以下は、note の連載をお読みくだ

↑このページのトップヘ

Copyright, NECOS (Thailand) Co., Ltd., Inc. All Rights Reserved. newsclip.asiaに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
สงวนลิขสิทธิ์ตามพระราชบัญญัติลิขสิทธิ์ พ.ศ.2537 (ปี 1994)