Trat

 タイ東部で最も東に位置、南部ラノーン県、中部シンブリー県に次いで人口が少ない県。西隣のチャンタブリー県同様、1893年から1905年までフランス領インドシナ(カンボジア)に併合された歴史をもつ。

 カンボジア国境では山脈と海岸線が接し、領土がカンボジアとタイ湾に挟まれて細長く伸びる。沖には52の大小の島が浮かび、中でも有名なのがタイで2番目に大きいチャーン島。タイ政府観光庁によると、永住者(昔からの島民)はわずか5,000人、土地の70%が手付かずの熱帯雨林。プーケット、ピーピー、サムイなど南部の島に続くリゾートして、2000年ごろから本格的に観光客が訪れるようになった。

人口:22万9,700人(2017年、内務省地方自治振興局)
面積:2,819平方キロメートル(エネルギー省)
   日本最少の人口56万5,000人の鳥取県以下
   面積2,440平方キロメートルの佐賀県より広め
距離:バンコクから315キロ(タイ道路協会)