20181206 Motor Expo 2018, Harley-Davidson-002
 年の前半に開催されるモーターショーに対して、年の後半に開催されるのがモーターエキスポ。名称は違っても主催者が異なるだけ。どちらもほとんど同じモーターショー。その「第35回タイランド・インターナショナル・モーターエキスポ2018」が明日で終了する。

 これまで過去数回、ショー開催前日のプレスデーに訪れていたが、さすがに閑散としていて人の入りが分からない。今回ショーの後半で訪れ、どのぐらいの賑やかさなのか確認したかったのだが、祝日明けの平日夜とあって、やはり入場者はパラパラだった。

 車だけでは華やかさに欠けるのでコンパニオン(キャンギャル)も撮る、というよりはコンパニオンが写真のメインになってしまうのだが、連日の勤務ですっかり疲れており、髪の手入れに気が回らないのか毛がハネまくっている姿も。

 これが最終日になるとさすがに多くの入場者で賑わい、肌荒れを起こし始めるコンパニオンもいて、写真を撮るのも恐縮してしまうぐらい。

 ギラギラと強烈に乱反射する光の中で撮ると、顔に汚い陰影が出る。だからといって正面からストロボを焚いて光を起こそうとすると、べったり脂っこい肌になってしまう。大手の新聞社でもそのような写真を掲載しているときがあるが、できるだけ陰影が出ない角度で撮るよう練習のつもりで被写体を見続けると、ほかのポートレート撮影の場面でもスムーズに撮れるようになる。

20181206 Motor Expo 2018, Honda Bike-002

20181206 Motor Expo 2018, Toyota-002