Loei
 タイ東北部の左上、ラオスと国境を接する県。山がちで気温も低め、東北部に組み込まれていながらも地理的にも民俗的にも北部に似た特徴を持つ。タイ政府観光庁は「東北部のメーホーンソーン(タイ北部辺境の県で、山間の景色と気候がタイ人、欧米人に人気)」と紹介している。

 場所柄、少数民族が多く、特にモン族が目立つ。タイ共産党がルーイ、ピッサヌローク、ペーチャブーン県境の山岳部で闘争を続けていたころ、共産党側についたモン族が多かったという。同時に、ラオスの共産化から逃れてきたモン族もルーイに暮らす。

 ルーイといえば、「ピーターコーン」という雨期入りのころに行われる奇祭。釈迦の前世を綴るジャータカが元になった祭りで、ピーターコーンというお化けは脇役だが、その珍しさからいつからか主役として活躍するようになった。

人口:64万3,000人(2017年、内務省地方自治振興局)
面積:1万1,425平方キロメートル(エネルギー省)
   人口68万人の鳥取県ほど、面積1万1,612平方キロメートルの秋田県ほど
距離:バンコクから520キロ(タイ道路協会)