和名:ナンバンサイカチ(南蛮皀莢)
英名:Golden Shower
泰名:ราชพฤกษ์ ラーチャプルック

 言わずと知れたタイの国花、ゴールデンシャワー。でも原産地は隣国ミャンマーやその先のスリランカ、インドだとか。ちょうど今時分、ソンクラーン(タイ正月、水掛け祭り)前後の暑い時期に咲く。

 タイ語で「ラーチャプルック(王の樹)」と呼ばれるが、本来はドーク・クーン(ดอกคูณ)という地味な名前で、どちらかというと今でもドーク・クーンの方が通じやすい。発音的にはラーチャプルックの方が格好良い。一方、チャイヤプルック(ชัยพฤกษ์、勝利の樹)という名もあると説明されているが、タイ語で見るとピンク色した花を指す場合が多いように思われる。

 日本語で「ナンバンサイカチ」と何となくダサい。可憐という花言葉もあるようで、日本の桜のように風が吹くと吹雪いて可憐です。

ゴールデンシャワー-001
樹の下にいると、花びらがハラハラと散ってくる。桜ほどには吹雪になりません。

ゴールデンシャワー-003
マメ科なので無数の房を付ける。

ゴールデンシャワー-002
咲き乱れると圧巻。