Page-16
 タイ東北部のほぼ中心に位置する県。今でこそジャスミン米が県の特産となり、市内には貯水池など水が豊富に蓄えられているが、昔はあまりの不毛さに、(16世紀ごろに)移住してきたラオス人が泣いたという逸話が伝えられる。

 ローイエットという県名は101という意味。昔はサケート・ナコーンという名で知られ、周囲に11の町を従え、それぞれに通じる道に門を構えていた。タイ政府観光庁の説明によると、11=10と1。その10と1を並べて101とし、ローイエットと呼ぶようになった。

 ローイエット市のシンボルは、タイで最も高いとされる立仏像。ワット・ブーラパー・プラームという名の寺院に、全長59.2メートル、台座を含めて67.85メートルの高さでそびえている。横からみるとかなり平べったい。

人口:130万7,000人(2017年、内務省地方自治振興局)
面積:8,299平方キロメートル(エネルギー省)
   人口133万9,000人の長崎県ほど、面積8,395平方キロメートルの兵庫県ほど
距離:バンコクから512キロ(タイ道路協会)