20190708-002
 バンコク近郊ながらも山深い自然に恵まれた県。隣県のナコンラチャシマ、プラチンブリー、サラブリーと共に、カオヤイ国立自然公園の一角を成す。ユネスコの世界遺産「ドン・パヤーイェン‐カオ・ヤイ森林群  自然遺産/2005」に指定されている。

 山がちで滝が多いのが特徴。中でもサリカー滝はバンコクから1時間強で行けることもあり、週末には地元住民ほか日帰りのバンコク都民でにぎわう。食べ物の持ち込みが禁止されていて、環境保護に力が入れられている。足を水につけていると、小さな魚が突っついてくるほど。

 ナコンナーヨックは、旧日本軍が駐屯していた県としても知られる。その跡地には今、陸軍士官学校が建つ。宝くじが当たることで有名なワット・プランマニーにも、旧日本軍が駐屯していたことを示す碑誌が残っている。近くにはタイで最大といわれるガネーシャの像が新しく完成、すでに人気スポットだ。ワット・プランマニーもガネーシャ像も、サリカー滝に行く途中にあり、観光ルートとなっている。

人口:26万人(2017年、内務省地方自治振興局)
面積:2,122平方キロメートル(エネルギー省)
   人口56万1,000人の日本最少の鳥取県の半数ほど
   面積2,187平方キロメートルの東京都ほど
距離:バンコクから107キロ(タイ道路協会)