photo0000-0702
♀ 20代前半 チョンブリー出身バンコク住在

 小学生のときの話。その頃は親が共働きなので、親が帰ってくるまでベビーシッターのおばさんがお世話をしてくれていた。夜、私が一人でシャワーを浴びていると急に近所の犬たちが一斉に遠吠えをしはじめた。怖くなった私はベビーシッターを呼びました。「おばちゃん!」だけどベビーシッターが返事することもなくこっちへ来てくれる様子もない。

 何度もおばちゃんと呼び返すと、ふと耳元で「おう」とささやく声がした。声は女の声だが明らかに人間の声ではない。強弱がなくSiriがしゃべるときの声みたい。びっくりした私は必死に「おばちゃん!!」を連呼した。「どうしたの?」と耳元で女の声がした。

 パニックになった私はキャーと叫びながらシャワー室から出ようとするベビーシッターがシャワー室の前まで来てくれた。私がシャワー室を出るときには犬の遠吠えもやんでいた。