Kamphaeng Phet
 スコータイ王朝 (1238~1448年)の衛星都市として機能した古都。カムペーンペットは「ダイヤの壁=硬い壁」を意味する。アユッタヤー(アユタヤ)王朝(1350~1767年)でも当時のビルマを相手に要衝の役割を果たした。

 県の東半分はタイにありがちな延々と続く平地。西半分は山がちな地形で、その山々はターク県さらにはミャンマー国境へと続く。

 カムペーンペット市内には史跡が多く残り、歴史公園として整備されている。スコータイを小さくしたような雰囲気で目新しさに欠けるが、観光客が殺到することなく、のんびりしている。

 とかく寺院ばかりが宣伝される県だが、山岳部にはかなりの規模の滝が流れていて、タイ政府観光庁は自然散策も積極的にアピールしている。

人口:72万8,000人(2017年、内務省地方自治振興局)
面積:8,608平方キロメートル(エネルギー省)
   人口73万6,000人の徳島県ほど、面積8,479平方キロメートルの広島県ほど
距離:バンコクから358キロ(タイ道路協会)