和名:ホウガンボク(砲丸木)
英名:Cannonball Tree
泰名:ต้นสาละลังกา トン・サーラランカー

 以前の無憂樹の投稿のように、タイで釈迦生誕の花とされるのは沙羅樹(娑羅樹)。そして日本でもタイでも、沙羅樹は入滅の花。

 写真の沙羅樹は、どこにでも植えられているわけではないが、タイの寺院境内で目にする機会が多い。上記の説明のとおり、和名は砲丸木。タイ語で「トン」は木・樹の意味、「ランカー」はたいていスリランカを示すので、「スリランカの沙羅樹」という意味となる。同国の寺院の生誕図には、このやけに派手な砲丸木の花が描かれているという。

 一方、タイの寺院でよく見かける砲丸木は、ややこしいことにタイでは釈迦生誕の花ではなく、白い花を咲かせるフタバガキ科の木。砲丸木がスリランカの寺院の生誕図に登場するのも、19世紀後半からだという。

 そしてこれもまた、タイ語で「サーラ(สาละ)」と「ラン(รัง)」に分かれていて紛らわしい。インターネットでタイ語のページを調べる限り、釈迦生誕に結びつけて説明されているのはもっぱらサーラと思われる。

 「砲丸木の花の中には仏塔が見える」といわれるのだそう。

参照:めこん「タイの花鳥風月」レヌカー・ムシカシントーン

沙羅樹-001
泰日工業大学の構内に咲く砲丸木の花。

沙羅樹-002
白い部分が仏塔に見えるということなのか。

沙羅樹-003
幹はゴツゴツし枝も無造作に伸びてきれいとはいえない。