20210115-001
 タイでは天然資源環境省公害管理局の空気質指数(AQI)という数値で大気汚染が評価されます。100以上で「健康への悪影響が始まる」、200以上で「健康に悪影響がある」です。今日のバンコクは在タイ日本人が多く住むプラカノン区スクムビット通りで「210」、同様に日本人の仕事場が多いバンナー区バンナー・トラート通り「214」と、白む空気が目に見えるほどの悪さ。

 写真の道路はラートクラバン区でプラウェート区シーナカリン通り(226)の隣。普段は前方にバンコク都心部のビルが見えるのに、(フロントガラスの霞もありますが)今日はその姿が全くなし。コロナ禍の自粛要請で渋滞も起きていないのになぜ大気だけ悪化するんだ、という感じで何とも不思議。