和名:モモイロノウゼン
英名:Rosy Trumpet Tree
泰名:ดอกชมพูพันธุ์ทิพย์ ドーク・チョンプー・パンティップ

 ちょうど今どき、2月ごろに咲き始めて3月ごろに満開となる花。時期的にピンクの花が咲き乱れるので、「タイの桜」と適当に説明するタイ人がいるが、幹は桜のそれより全然高く伸び、花も全く異なる形。

 エルサルバドル原産で、タイには1957年に植樹されたとか。タイ語の名称は「ドーク(花)・チョンプー(桃色)・パンティップ(人名)」。パンティップとは、タイにもたらされたモモイロノウゼンを深く愛された、ラマ5世(チュラーロンコーン大王)の孫の奥方とされるパンティップ・ボリパット妃(1909~1987年)のこと。ちなみに歴代のバンコク都知事にスクムパン・ボリパット氏がいて、こちらはラマ5世のひ孫。

 バンコクではチャトゥチャク市場(ウィークエンドマーケット)隣接のチャトゥチャク公園に咲くことで知られる。花びらが散ることはなく、頭がもげるようにボロボロと落ちてくるので、日本では縁起が良い花とは思われなさそう。

モモイロノウゼン-1
乾期の青空に映えるピンク。

モモイロノウゼン-2
高く咲くので花を撮るのが少々大変。花弁は5~6センチほどに開く。
モモイロノウゼン-3
バンコクでモモイロノウゼンといえばチャトゥチャク公園。
モモイロノウゼン-4
職員の掃除が大変そう。