20171103

 旧暦12月の満月の夜は「ローイ・クラトン」、タイの灯篭流し。もともとは水の神に感謝を捧げるインドの風習が発祥で、灯籠と共に罪を流すという意味もこめられていますが、仏教とは関係のない祭りです。
会社近所のシーナカリン大学でローイクラトンをやっているというので、仕事帰りに寄ってみたら、結構な盛り上がりでした。 最近は、これまでのような伝統的な祭りではなくショーと化しつつあり、華やかではありますが情緒が薄れてきています。とはいえ、主役のタイ人がそうしているのだから、それでいいのだと思います。