newsclip.asia

日本語総合情報サイト newsclip.be 姉妹サイト

newsclip.asia イメージ画像

祭り

2019年のバンコク都内シーロム通り タイ正月「ソンクラーン」は毎年4月13~15日。2019年まで無礼講というか乱痴気騒ぎというか、とにかくにぎやかな水掛け祭りが毎年かかざす続いていたのが、コロナ禍の昨年今年はなしということで静かでいいです。にぎやかといっても過去数
『昨年も今年も無礼講なし@タイ正月ソンクラーン』の画像

 仏教の祝日である「万仏節(マーカブーチャー)」ということで、自宅近所ながらも一度も行ったことがなかった寺院に行き、恒例のろうそくを持って本堂を3度回る「ウィアンティアン」を撮ろうと思ったら規模が小さくて構図を決めにくく、撮らずにそのまま帰ってきました。 
『自分の体の悪い部分に貼ると治る金箔』の画像

19~22日 Surin Elephant Round-up Fair スリン県スリン市スポーツスタジアム ウボン・ラーチャターニー県のロウソク祭りと並び、東北地方の数少ない有名な祭りの一つ。昔、役所の催し物で象の競争をさせたところ、人気があったので、定期開催したのが始まりとされる。市
『日本人がタイ三大祭りと呼ぶ「ゾウ祭り」』の画像

 暦上の雨期が明けるオークパンサー(雨安居明け、陰暦11月の満月の日)は今年、10月2日(金)。コロナ禍で打撃を受けた観光産業の再活性化の動きがそろそろ見られる中、タイ政府観光庁(TAT)のウェブサイトでは、タイ各地でのオークパンサーにちなんだ催し物が紹介されて
『そろそろ再開しそうなタイの祭事』の画像

 イスラムの犠牲祭です。牛を肉にするシーンは20年近く前のインドネシアで取材していて、それ以降は今回を含めて見ていません。そうすると、その分けられた肉を食するところを取材、となるわけで、いわば普通の食卓の撮影です。異教徒はその肉を食べられず、わざわざ鶏肉の
『普通の食卓の写真ですが……』の画像

 「新型コロナウイルスが怖い」と言いだして、ヤワラートに行くのを避けるタイ人が身近にいた。タイでもすでに5人の感染者が出ているので、感染の心配をする人は決して少数派ではないかも。ヤワラートはバンコクの中華街。春節には大掛かりな行事が催され、中国からの旅行者
『中国っぽくないけど取り敢えず春節の行事』の画像

2020年1月11日 こどもの日 全国各地 毎年1月第2土曜日は「こどもの日」で2020年は1月10日。タイ国内各地の公共施設がこどもたちに開放されたり、デパートやショッピングセンターで催しものが開催されたりする。 バンコクではパホンヨーティン通りの陸軍基地やドンムアン
『実は大人が夢中になる「こどもの日」』の画像

 火葬前、棺も3度回り、三宝に帰依する。「仏」「法」「僧」。三帰依文は日本も同じ、「自ら仏に帰依し奉る」。
『三宝に帰依、棺も3度回る。』の画像

 タイ各地で新年を祝うカウントダウンが催される。バンコクはショッピングセンターのセントラルワールド前が有名だが、この数年はテロ警戒で警備が厳重になっている。 今年は12月30日(月)が特別休日に定められ、官公庁を中心に28日(土)から1月1日(水)まで年末年始が5
『タイ各地でカウントダウン、年末年始は5連休』の画像

Phimai Festival and Boat Race ナコーンラーチャシーマー県ピマーイ郡 11月6~10日 タイ東北部有数のクメール遺跡、ピマーイ史跡公園で開催されるライト&サウンドショー(光と音の祭典)とボートレース。東北地方の舞踊などが披露されるほか、民芸品販売の店が並ぶ。 
『クメール遺跡でライト&サウンドショー』の画像

↑このページのトップヘ