newsclip.asia

日本語総合情報サイト newsclip.be 姉妹サイト 現場ありきの取材で情報収集!



タイの祭り

Candle Festival 2018年7月27―28日 東北部ウボンラチャタニ市、ナコンラチャシマ市など 暦上の雨期の始まりとされるカオパンサー(雨安居入り)に合わせて行われる。雨期が明けるオークパンサー(雨安居明け)までの3カ月間、より厳しい修行を積む僧侶に、火を絶やさぬようた
『タイ各地で開かれるようになったロウソク祭り』の画像

 マレー系住民がほとんどのタイ南部国境県のパッターニー県にて。ラマダン明けの祈りの後、伝統的な民族衣装を来た若者。女性の民族衣装はよく見かけますが、男性はまれです。
『ラマダン明けのムスリムを取材中です。』の画像

 タイ深南部のマレーシア国境付近を取材中です。仏教徒タイ人よりマレー系ムスリムが圧倒的に多い地域で、顔を全て隠す女性も。写真をいきなり撮ったら怒るだろうなって思いつつカメラを向けてみたら、ヒジャブで隠れているものの多分笑顔が返ってきた。手のひらの模様は宗
『おそるおそるカメラを向けたら(多分)笑顔が返ってきた』の画像

 東北部ヤソートンのブンバンファイ(Bun Bang Fai Rocket Festival)です。今年は5月11~13日に開催されます。タイ東北部の代表的な祭りで、多くのタイ人が詰めかけ、ホテルは常に満室です。 空高くロケットを打ち上げて雨乞い・豊作を祈る奇祭。もともと東北部一帯、ラオ
『タイ東北部の代表的祭り「ロケット祭り」』の画像

 ソンクラン(タイ正月、水掛け祭り)で木曜から月曜まで5連休で、寝正月を決め込んでいたのですが、1日ぐらいは取材に出ないとやばいなと思いつつ、若者に混ざって水掛け祭りも大人気ないので、近所のショッピングセンターでイベントをやっているということで行ってみまし
『ソンクラン5連休の中日』の画像

 3月1日は旧暦3月の満月の日で、タイでは祝日のマーカブーチャー(万仏節)。在家者が近所の寺院に赴き、仏・法・僧に帰依するため、ロウソクを持って本堂を3度回る行事「ウィアン・ティアン」を行う。 ウィアン・ティアンは1年に3夜のみ。マーカブーチャーと、旧暦6月の満
『1年に3夜のみ、ロウソクを持って本堂を3度回るウィアン・ティアン』の画像

 観光促進のために始まった、象に乗って行うポロ競技。英国をはじめニュージーランド、オーストラリアなど、英国にゆかりのある国からプレーヤーが来タイ、象と象使いとの連携で、勝負を競い合う。勝負といっても、興奮しているのはプレーヤーだけ。象も象使いもおっとり、
『ゾウに乗って勝敗を競うポロ、その名も「Elephant Polo」』の画像

 近所の寺院から三日三晩、何やら祭りみたいな騒がしい音が。4日目の日曜日の夜も音楽が自宅まで聞こえてきて、本堂や仏塔がこうこうと照らされているのが見えたので、恐らく今夜が最後だろうと散歩がてら行ってみました。 祭りではなく葬儀。タイでは告別式も火葬も寺院で
『風前の灯火の大衆劇、機会があればぜひ観てみたい「リケー」』の画像

 タイはこどもの日です。毎年1月の第2土曜日。恒例行事で、都内の陸軍基地が開放されています。タイ国軍の兵器はバリエーションに富むというか統一性がないというか、戦車もこういう日には米国製とウクライナ製、昔でいう東西陣営の兵器が並べられ、タイの子どもたちではな
『タイは子どもの日です。』の画像

 いい歳して、原宿系ダンス&ボーカルパフォーマンスユニットの「テンプラキッズ」でもないのですが、彼らのダンスはキレがあって凄かったです。タイにいても日本のタレントや歌手の取材はたまにありますが、今回のようなダンスの取材は初めて。何分この手の世事に疎いので
『日本からやって来た10代の若者のダンスが凄かった』の画像

↑このページのトップヘ

Copyright, NECOS (Thailand) Co., Ltd., Inc. All Rights Reserved. newsclip.asiaに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
สงวนลิขสิทธิ์ตามพระราชบัญญัติลิขสิทธิ์ พ.ศ.2537 (ปี 1994)