newsclip.asia

日本語総合情報サイト newsclip.be 姉妹サイト 現場ありきの取材で情報収集!



食べ物

 新型コロナウイルスさ騒ぎで、飲食店の営業規制が緩和されて初めて食べに来ました。食品用ラップを巻いただけの簡素なシールドですが、どの店も工夫して営業を再開しています。補償もままならないタイ政府に文句を言っていても干上がるだけなので、みんな率先して行動して
『どこも工夫して営業を再開しています』の画像

 まだ4月なのに、バンコクは雨が増えてきました。雨期はフルーツの時期です。気が付くと、自宅にマンクット(マンゴスチン)がありました。食べごろは5~8月ぐらい。ナイフで切れ目を入れると皮を剥きやすく、爪で剥こうとすると皮の赤い汁が爪の間に染み込んで、みっともな
『マンゴスチンも出てきました』の画像

 ドリアンの時期がやってきます。だいたい5月から8月。市場にはもうドリアンが並んでいます。トゲトゲの皮にナイフ(包丁)を入れるのは技が必要とか言われますが、売り場で割ってもらわずに丸ごと買ってきて自宅で、というタイ人も多い。けっこう簡単に皮を剥いているので
『ドリアンの時期がやってくる』の画像

 非常事態宣言が発令されているので、外に出ると食事をする場所がなく、車の中で食べるしかないです。通常営業が出来ないレストランがこぞってテイクアウトメニューを用意していて選り取り見取りなのですが、持ち帰りだからといって安いわけでもなく、結局は高くつきます。
『食事を買えても食べる場所がない……』の画像

 自宅近所の屋台で昨夜注文したイーサーン(東北)料理の「チムチュム(จิ้มจุ่ม)」、10年ぶりぐらいだった。この料理、昔からあるのか、この20~30年の料理なのか、ちょっと調べてみたが分からなかった。 中国の鍋料理からアイデアを得たいわゆる「タイスキ(ส
『久しぶりのイーサーン鍋「チムチュム」』の画像

 スクムビット通りアソーク界隈のショッピングコンプレックス「ターミナル21」地下階にて。お客はもちろん通りがかりの人もこぞって写真を撮っている店があって、近寄ってみたらワニの肉を売っていました。串刺し1本40バーツ。自分は食べなかったけど、娘が食べて「意外と柔
『ワニの丸焼き』の画像

 ジェラテリア「凜太郎」バンコク店です。常にブレないコンセプト、その2は「ご注文をいただいてからミックス」です!例えば……● 「京抹茶黒みつ金時」は、京抹茶のジェラートに黒みつを小スプーン1杯のかけて練り、さらに金時豆を3つ入れてミッスク。ゆっくりとコトコト
『ジェラテリア凜太郎の「京抹茶黒みつ金時」&「クッキー&クリーム」』の画像

 アポが1時間ずれたため時間調整で入ったカフェ。最初はコーヒーだけの注文で、勘定のときにふっとショーケースを見たら、クマの顔をしたケーキが10コぐらい並んでいたので、追加で注文してみました。バニラ味とコーヒー味があって、いずれも30バーツ。クマの顔はどう見ても
『著作権は考慮されていないと思います。。。』の画像

 エーカマイ通りソイ10のちょっと手前(スクムビット通りを背にして右手)に東北料理の小さな店があります。「タムナック・イーサーン」。地元タイ人も外国人旅行者もいて、地味ながら人気の店。
『エカマイ通りの東北料理店です。』の画像

 3月1日、高架鉄道(BTS)プラカノン駅目の前のショッピングセンター「W District」に日本のジェラート屋がオープンしました。「凜太郎」です。
『日本のジェラート屋です』の画像

↑このページのトップヘ

Copyright, NECOS (Thailand) Co., Ltd., Inc. All Rights Reserved. newsclip.asiaに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
สงวนลิขสิทธิ์ตามพระราชบัญญัติลิขสิทธิ์ พ.ศ.2537 (ปี 1994)