newsclip.asia

日本語総合情報サイト newsclip.be 姉妹サイト 現場ありきの取材で情報収集!



日々自由写真

 新型コロナウイルス感染で「アジアは危ない」と言っていた日本が、いつの間にか自分たちが危なくなってしまい、一方タイは数十人の感染者を抱えているものの、勢いが衰えません。何をするにも元気あり過ぎ……、と日本人の目には映ってしまう。 取材で訪れた都内の大学に
『「アジアは危ない」と言っていた日本が結局は……』の画像

 オールドレンズのぐるぐるボケには程遠いものの、今のレンズも良く見れば四隅が丸く流れる。レンズは丸いから当然なのかも。F1.4開放です。Sigma 24mm F1.4 DG HSM ArtCanon EOS 6D Mark II
『良く見れば今のレンズも四隅が丸く流れる』の画像

 バンコクから東北部ノーンブアラムプー県とルーイ県の県境まで行ったとき、グーグルマップのナビを使ってみた。経路として選ばれる道路は、国道1ケタ、2ケタ、3ケタ、4ケタと目的地に近づくにつれてどんどん細くなっていく。 途中ショートカットのために2ケタから4ケタの
『グーグルマップの経路がいまいち信用できない……』の画像

 写真の下に白く写っているのが人です。洞窟の中は広いです。バンコクから遠過ぎました。着いたの12時。階段が急で長くて、上まで登ったものの、降りて帰ってくる自信がありませんでした。 ルーイ県のワット・タム・エーラワン(エーラワン洞窟寺院)。本堂はルーイ県です
『本堂はルーイ県、洞窟はノーンブアラムプー県』の画像

 バンコクを深夜2時に出て、途中ガソリンスタンドに駐車して休憩と思っていたら2時間も寝てしまって、現地に着いたのは式開始ぎりぎりの朝9時。北部ピッサヌローク県での、(正しくは女房の)いとこの結婚式です。
『いとこの結婚式です』の画像

 パタヤ(東部チョンブリー県、より発音に近く綴るとパッタヤー)はいつも行っていますが、ビーチは久しぶりです。2年ぶりかも。中国人旅行者がめっきり減って、静かです。パタヤは最近インド人旅行者にも人気で、インド人はちらほかみかけました。 今日はPM2.5が酷いとニ
『ビーチは久しぶりだったけど、人がまばらでした』の画像

 オールドレンスではなく最近のデジカメ用レンズだけど、カールツアイスとなるとボケもフレアも古風、はっきり言ってきれいではない。このクセがカールツアイスらしさなのだけれど、このクセに頼り過ぎると「ボケやフレアが特徴」というレンズに対する評価だけの写真で終わ
『相変わらず古風な写りのカールツアイス』の画像

↑このページのトップヘ

Copyright, NECOS (Thailand) Co., Ltd., Inc. All Rights Reserved. newsclip.asiaに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
สงวนลิขสิทธิ์ตามพระราชบัญญัติลิขสิทธิ์ พ.ศ.2537 (ปี 1994)