newsclip.asia

日本語総合情報サイト newsclip.be 姉妹サイト 現場ありきの取材で情報収集!



取材&編集&営業後記

 年に3回、ろうそくを持って寺院の本堂を3度回る「ウィアンティアン」です。自宅近所で撮影を済ませたく、グーグルマップで探して車で10分程度のところに見つけた、すごく簡素だった寺院でした。本堂は雰囲気も何もない鉄筋コンクリート、そのほかの建物は僧房のみ。花や線
『あっさりしすぎのウィアンティアン』の画像

渋滞に巻き込まれて車内でハンドル握ったまま、ぼけ~としています。常に煩雑な街です。
『渋滞中に眺める車の外』の画像

 ラマダン明け、昨晩に月が確認できず1日延びました。時間を持て余してデパートへ。イスラム美少女が作るたこ焼き食べてます。1個5バーツ。ラマダン中でも昼間食事する人はいます。
『ラマダン明けず。。。』の画像

 今夜の月を確認して、ラマダンが明けるか否かを判断します。曇りや雨で月が見えなかったら1日延びます。ナラーティワートで典型的なムスリムの漁村にて。
『今夜ラマダンは明けるのか……』の画像

 ムスリムが8割を占める町なのにラマダン明け前でイスラム料理の店が開いておらず、毎食タイ&中華系。ヤラー県ヤラー市内にて。
『ラマダンがまだ明けていません。』の画像

 テロが止まないタイ深南部パッターニー県の村です。コークポーという、仏教寺院「ワット・チャーンハイ」で知られた郡です。テロ取材も目的の一つですが、深南部に来ればすぐにテロに遭う、ということはありません。そんな引きの強い人は存在しない、と思います。そういう
『来ればすぐにテロに遭う、ということはありません。』の画像

 国王、心なしか国民に笑みを返しています。取材申請せずに一般人として行ったけど、撮影はストロボ使用以外制限がなく距離もある程度近くまで寄れるなど、これまでにない大らかさに感動。足をくずしたり伸ばしたり正座したりと、地べたに4時間座りっぱなしだったのが苦痛。
『タイ国王の戴冠式パレードです。』の画像

↑このページのトップヘ

Copyright, NECOS (Thailand) Co., Ltd., Inc. All Rights Reserved. newsclip.asiaに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
สงวนลิขสิทธิ์ตามพระราชบัญญัติลิขสิทธิ์ พ.ศ.2537 (ปี 1994)