newsclip.asia

日本語総合情報サイト newsclip.be 姉妹サイト 現場ありきの取材で情報収集!



県紹介

 タイ第2の都市と評されるチェンマイだが、人口としては東北部のナコーン・ラーチャシーマー(コラート)県、ウボン・ラーチャターニー県、コーンケーン県に次ぐ第5位にとどまる。面積としてはナコーン・ラーチャシーマー(コラート)県に次いで第2位。 250年に満たない現
『タイ77県(27) チェンマイ県 タイ北部』の画像

 日本人にはタイの鎌倉と例えられる古都。1991年、「古都アユタヤ」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。アユタヤ歴史公園として整備されているが、世界遺産に登録された当時は、「ユネスコからの金で寺を潰し、道路を造っている」との批判が絶えなかったという。
『タイ77県(26) (プラナコーンシー)アユタヤ県(Phra Nakhon Si Ayutthaya) タイ中部』の画像

 県庁所在地のソンクラー市より、中国系住民の街ハジャイの方がより知られた県。ハジャイはタイ南部最大の商業都市で、周辺各県と共に独自の経済圏を築き、国境を接するマレーシアとの交流も深い。毎年10月ごろのベジタリアン・フェスティバル(菜食週間)では、タイ南部で
『 タイ77県(25) ソンクラー県(Songkhla) タイ南部』の画像

 フランス海軍がチャオプラヤー川を遡行・封鎖した(パークナーム事件)1983年から、タイとフランス領インドシナ(カンボジア)の間で国境が調停された1905年まで、同国に占拠された歴史を持つ。市内に残るフランス式のカトリック教会はその時代のなごりで(建立は1909年)
『 タイ77県(24)チャンタブリー県(Chanthaburi) タイ東部』の画像

 在タイ日本人の間では、タイの三大祭りの一つとして数えられるスリンのゾウ祭り。「スリン=ゾウ」というイメージはタイ人も日本人も同じだが、祭りとなると異なる。そもそも3つ選ぶという感覚自体が異なり、人それぞれだがタイ人の間でゾウ祭りが3位内に上がってくるこ
『タイ77県(23)スリン県(Surin) タイ東北部』の画像

 タイ第2の都市チェンマイからわずか21キロ、7~8世紀ごろに誕生したとされる(タイの先住民族の)モン族の町。タイがタワーラーワディー(ドヴァラヴァディー)文明の時代、現在のロッブリーからチャムテーウィーと呼ばれる王室の娘が送られ、ハリプンチャイ王朝が始まっ
『タイ77県(22)ラムプーン県(Lamphun) タイ北部』の画像

 マレー半島の付け根に位置する、ミャンマー国境とタイ湾に挟まれた県。市中心の小高い山の上に建つラマ4世の離宮 「プラナコンキーリー」、アユッタヤー時代の寺院の天使の壁画、足が6本指の仏像、ビルマ兵が残したとされる斧の跡で知られ、歴史映画の舞台にもなった 「ワ
『タイ77県(21)ペッチャブリー県(Phetchaburi) タイ中部』の画像

 南部最大の人口を抱えるナコン・シー・タマラート県と、南部最大の商業都市ソンクラー県ハジャイ郡に挟まれた、いたって地味な県。ほかの南部の県と同じく、影絵芝居で知られる。 影絵芝居はマレーシアやインドネシアといった近隣諸国でも有名で、インドから伝わってきた
『タイ77県(20) パッタルン県(Phatthalung) タイ南部』の画像

 隣県チョンブリー県と共に東部臨海工業地帯(イースタンシーボード)を形成し、製造業、特に自動車産業で栄える県。2009年、環境保護に関する憲法の要件を満たしていないとして、化学や鉄鋼など日系を含む64事業が裁判所命令で凍結されたマプタプット郡が、タイ湾に面して
『タイ77県(19) ラヨーン県(Rayong) タイ東部』の画像

 東北地方の最北に位置する、メコン河に沿って細長く伸びる県。ラオスへの玄関口として知られ、1994年にはタイで最初の国際橋となるタイ=ラオス友好橋が完成。当時は中国―ベトナム―ラオス―タイ―マレーシア―シンガポールの一大陸路がつながったと騒がれた。 ノンカイ
『タイ77県(18) ノーンカーイ県(Nong Khai) タイ東北部』の画像

↑このページのトップヘ

Copyright, NECOS (Thailand) Co., Ltd., Inc. All Rights Reserved. newsclip.asiaに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
สงวนลิขสิทธิ์ตามพระราชบัญญัติลิขสิทธิ์ พ.ศ.2537 (ปี 1994)