newsclip.asia

日本語総合情報サイト newsclip.be 姉妹サイト 現場ありきの取材で情報収集!



タイ77景

 北部からの2つの川、ヨム川とナーン川が並行して流れる県。肥沃な大地が広がることから、1,000年以上の昔に農業が始まり、スコータイ、アユッタヤー(アユタヤ)、現ラッタナーコーシンと、いずれの時代も主要都市として栄えた。ピジット市内には旧市街が残り、アユッタヤ
『タイ77景(45)ピジット県(Phichit) タイ北部』の画像

 隣県のシンブリーやアーントーン同様、アユッタヤー(アユタヤ)時代に活躍した県。ビルマ軍の攻撃から首都アユッタヤーを守る要衝で、県名は「勝利の地」を意味する。 スコータイ王朝以前のタワーラーワディー(ドヴァーラーヴァディー)時代、チャオプラヤー川流域には
『タイ77景(44)チャイナート県(Chai Nat) タイ中部』の画像

 タイは中部と南部の境界があいまいで、プラーチュアップ・キーリーカン県を南部とみなす場合があるが、たいていは同県南隣のチュムポーン県から下とされる。東西40キロ弱、南北200キロ以上の細長い県。 タイ湾とアンダマン海の2つの海を結ぶ交易路が紀元前より、チュムポ
『タイ77景(43)チュムポーン県(Chumphon) タイ南部』の画像

 南北に広い県。北は隣県の北部ピッサヌロークや東北部ルーイと共に奥深い山が連なり、南にはスコータイ王朝以前のクメール時代やドヴァラヴァディー時代の遺跡が残る。県庁所在地のペッチャブーン市では、県知事が仏像を抱えて川に潜るという奇祭「ウム・プラ・ダム・ナー
『タイ77景(42)ペッチャブーン県(Phetchabun) タイ北部』の画像

 タイで3番目に人口が少ない県(1位ラノーン県、2位サムット・ソンクラーム県)。隣県のアーントーンと共に、アユタヤ(アユッタヤー)時代はビルマの攻撃から首都を守る要衝として栄えた。カーイ・バーン・ラチャン郡(バーン・ラチャン郡とは別)には、ビルマ兵から土
『タイ77景(41)シンブリー県(Sing Buri) タイ中部』の画像

 タイ最南端の県。バンコクからマレーシア国境のスンガイコロクまで1200キロを超える遠さ。県民のほとんどがマレー系ムスリムでマラユー語(マレー語の方言)を話し、貧しい人たちはタイ語を解さないことも。女性はバティックの民族衣装をまとい、隣国マレーシアをイメージさ
『タイ77景(40)ナラーティワート県(Narathiwat) タイ南部』の画像

 タイ最初の王朝といわれるスコータイより以前、タワーラーワディー(ドヴァラヴァディー)の時代から栄える、バーンパコーン川流域に広がる県。タワーラーワディー遺跡やクメール遺跡が多く、いずれも状態良く保存されている。タイ有数の自然公園であるカオヤイの一部を形
『タイ77景(39)プラチンブリー県(Prachin Buri) タイ東部』の画像

 タイ東北部の左上、ラオスと国境を接する県。山がちで気温も低め、東北部に組み込まれていながらも地理的にも民俗的にも北部に似た特徴を持つ。タイ政府観光庁は「東北部のメーホーンソーン(タイ北部辺境の県で、山間の景色と気候がタイ人、欧米人に人気)」と紹介してい
『タイ77景(38)ルーイ県(Loei) タイ東北部』の画像

 タイ最北端、ミャンマーとラオスに接する県。現国王(ラマ10世)の祖母にあたるシーンナカリン王母殿下が愛された緑深い山々、国境貿易の町のメーサーイ、アヘン貿易で名を馳せたメコン河(ラオス国境)とサーイ川(メーサーイ、ミャンマー国境)の合流地点のゴールデン・
『タイ77景(37)チェンライ県(Chiang Rai) タイ北部』の画像

 隣県シンブリーと共に、アユタヤ時代はビルマの攻撃から首都を守る要衝として栄えた。タイ最大・最長(50メートル)の寝釈迦仏が横たわるワット・イントラプラムーン、「空飛ぶキツネ」と呼ばれるオオコウモリ(フルーツコウモリ)が住むワット・チャンターラームなど、小
『タイ77景(36)アーントーン県(Ang Thong) タイ中部』の画像

↑このページのトップヘ

Copyright, NECOS (Thailand) Co., Ltd., Inc. All Rights Reserved. newsclip.asiaに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
สงวนลิขสิทธิ์ตามพระราชบัญญัติลิขสิทธิ์ พ.ศ.2537 (ปี 1994)