newsclip.asia

日本語総合情報サイト newsclip.be 姉妹サイト

newsclip.asia イメージ画像

タイ77景

 メコン河を挟んでラオスと国境を接する町。アユッタヤー(アユタヤ)王朝後期に造られたといわれる。北隣のナコーンパノム県の一部だったが、1982年に独立した。 対岸のラオス第2の規模のサワンナケートとの交流が深く、2006年には第2タイ・ラオス友好橋が開通している。
『タイ77景(63)ムクダーハーン県(Mukdahan) タイ東北部』の画像

 タイ中部を流れるメークローン川のほとり、タイで最初の統一国家といわれるスコータイ王朝以前のドヴァーラーヴァディー(タワーラーワディー)時代から栄える町。バンコクから100キロ程度の県ながら、西はミャンマーと国境を接するなど広い印象が強い。隣県のカーンチャナ
『タイ77景(62)ラーチャブリー県(Ratchaburi) タイ中部』の画像

 タイで最も小さい県。県を流れる川の名前「メークローン」と、昔ながらに呼ばれる。トンブリー王朝時に隣県のラーチャブリーから切り離され、現在の県の規模となった。現ラッタナーコーシン王朝のラマ2世の生地。1811年には、シャム双生児の名で有名な結合双生児、チャン&
『タイ77景(61)サムット・ソンクラーム県(Samut Songkhram) タイ中部』の画像

 国内第3の面積を誇る県。ミャンマーと国境を接し、原生林が残るほど山が深く、緑が豊か。ユネスコの「トゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群  自然遺産/1991」に登録されている。 バンコクからクルマで3~4時間走るだけで自然を満喫できるということで、バンコク
『タイ77景(60)カンチャナブリー県(Kanchana Buri) タイ中部』の画像

 プーケット島やサムイ島と並び、タイ有数のビーチリゾートとして知られる県。海に切り立つ山々の独特な風景が有名。プラナーン・ビーチやライレイ・ビーチなど、ボートでしか辿り着けないビーチにリゾートホテルが建ち並び、旅行者が集中する。ほか、ピーピーやランターを
『タイ77景(59)クラビー県(Krabi) タイ南部』の画像

 アンダマン海に面した県だが、プーケット県やサトゥーン県のようなビーチリゾートの開発は遅れ気味で、知られているのは水中結婚式ぐらい。ジュゴンの生息数はタイ沿岸トップと見られている。 中華系住民が多く、プーケット県(プーケット市)やソンクラー県(ハジャイ市)同
『タイ77景(58)トラン県(Trang) タイ南部』の画像

 タイ東北部有数の肥沃な土地と評される。カーラシンとは「黒い水の町」という意味。県の中心に水をたたえるラムパーオ・ダム、もしくはその水源となる渓流が濁っていることが、名前の由来とされる。ただ、この地域にカーラシンという名が付いたのは、現ラッタナーコーシン
『タイ77景(57)カーラシン県(Karasin) タイ東北部』の画像

 チーク材で有名な県。古くからヨーロッパなどの国々に輸出、19世紀には貿易でプレーに暮らすヨーロッパ人が、チーク材の邸宅を競って建てたという。町には昔ながらの建築物が点在する。 スコータイ王朝のころには町が形成され、ヨーム川沿いに今でも城壁が残り、中には旧
『タイ77景(56)プレー県(Phrae) タイ北部』の画像

 隣県ウボン・ラーチャターニーから1972年に分離独立した、比較的新しい県。ラオス国境に近く、ロケット祭り、ジャスミン米、スイカなどが有名。 特にロケット祭りは雨期入りの5月に行われる、ロケットを空高く打ち上げて雨乞い・豊作を祈る奇祭で、県の代名詞となっている
『タイ77景(55)ヤソートーン県(Yasothon) タイ東北部』の画像

 タイで最も人口の少ない県。雨期が年に8カ月続き、東部トラート県と共に年間降水量が4,000ミリを超え、タイ最多を記録する(平均は1県当たり1200~1600ミリ、出所:気象局)。 マレー半島が最も狭まる地点で、有名なクラ地峡がある。タイとミャンマーを隔てる、アンダマン海
『タイ77景(54)ラノーン県(Ranong) タイ南部』の画像

↑このページのトップヘ