newsclip.asia

日本語総合情報サイト newsclip.be 姉妹サイト 現場ありきの取材で情報収集!



タイ77景

 タイで3番目に人口が少ない県(1位ラノーン県、2位サムット・ソンクラーム県)。隣県のアーントーンと共に、アユタヤ(アユッタヤー)時代はビルマの攻撃から首都を守る要衝として栄えた。カーイ・バーン・ラチャン郡(バーン・ラチャン郡とは別)には、ビルマ兵から土
『タイ77景(41)シンブリー県(Sing Buri) タイ中部』の画像

 タイ最南端の県。バンコクからマレーシア国境のスンガイコロクまで1200キロを超える遠さ。県民のほとんどがマレー系ムスリムでマラユー語(マレー語の方言)を話し、貧しい人たちはタイ語を解さないことも。女性はバティックの民族衣装をまとい、隣国マレーシアをイメージさ
『タイ77景(40)ナラーティワート県(Narathiwat) タイ南部』の画像

 タイ最初の王朝といわれるスコータイより以前、タワーラーワディー(ドヴァラヴァディー)の時代から栄える、バーンパコーン川流域に広がる県。タワーラーワディー遺跡やクメール遺跡が多く、いずれも状態良く保存されている。タイ有数の自然公園であるカオヤイの一部を形
『タイ77景(39)プラチンブリー県(Prachin Buri) タイ東部』の画像

 タイ東北部の左上、ラオスと国境を接する県。山がちで気温も低め、東北部に組み込まれていながらも地理的にも民俗的にも北部に似た特徴を持つ。タイ政府観光庁は「東北部のメーホーンソーン(タイ北部辺境の県で、山間の景色と気候がタイ人、欧米人に人気)」と紹介してい
『タイ77景(38)ルーイ県(Loei) タイ東北部』の画像

 タイ最北端、ミャンマーとラオスに接する県。現国王(ラマ10世)の祖母にあたるシーンナカリン王母殿下が愛された緑深い山々、国境貿易の町のメーサーイ、アヘン貿易で名を馳せたメコン河(ラオス国境)とサーイ川(メーサーイ、ミャンマー国境)の合流地点のゴールデン・
『タイ77景(37)チェンライ県(Chiang Rai) タイ北部』の画像

 隣県シンブリーと共に、アユタヤ時代はビルマの攻撃から首都を守る要衝として栄えた。タイ最大・最長(50メートル)の寝釈迦仏が横たわるワット・イントラプラムーン、「空飛ぶキツネ」と呼ばれるオオコウモリ(フルーツコウモリ)が住むワット・チャンターラームなど、小
『タイ77景(36)アーントーン県(Ang Thong) タイ中部』の画像

 タイ最南端の県。イスラム教徒が県民の70%以上を占め、ヒジャブ(スカーフ)で顔を覆う女性をひんぱんに見かけるなど、イスラム色が最も濃い県。マレー語方言のマラユー語が話され、県内の地名も多くがマラユー語を語源とする。 「タイのスイス」と呼ばれるほど、緑が豊
『タイ77景(35)ヤラー県(Yala) タイ南部』の画像

 カンボジアとの国境、東部最大の面積を誇る県。1993年、近隣プラチンブリ県のサケーオ郡とワンナームイエン郡が分離独立した。 国境通過地点のアランヤプラテートはカンボジアとの国境貿易で栄え、巨大な国境市場でにぎわう。以前はタイ国鉄の線路が国境を超えてカンボジ
『タイ77景(34)サケーオ県(Sra Kaew) タイ東部』の画像

 東北部を形成するコラート高原の西端、北部と中部に接する県。スコータイ王朝以前のドヴァラヴァディー、現カンボジア方面からのクメール、現ラオス方面からのランサンと、いつの時代にも人々が集まってきた痕跡が残されているという。アユタヤ王朝のナライ王の時代には国
『タイ77景(33)チャイヤプーム県(Chaiyaphum) タイ東北部』の画像

 スコータイ王朝以前の12世紀から王国があったとされる県。13世紀のガムムアン王の治世には、スコータイと同盟を結ぶほどの力を持っていたという。パヤオ市の中心地であるパヤオ湖のほとりには、ガムムアン王の銅像が立つ。 自然に恵まれタイルー族など少数民族も多く居住
『 タイ77県(32)パヤオ県(Phayao) タイ北部』の画像

↑このページのトップヘ

Copyright, NECOS (Thailand) Co., Ltd., Inc. All Rights Reserved. newsclip.asiaに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
สงวนลิขสิทธิ์ตามพระราชบัญญัติลิขสิทธิ์ พ.ศ.2537 (ปี 1994)